OSSの一つkubernetesの活用がおすすめな理由

統計グラフ

システム構築の際に取り入れておきたいのが、仮想化技術です。ソフトなどを稼働する際、その時点で使われていない部分を使える状態に変える技術で、仮想化をすれば限りあるIT資産をフル稼働させることができます。そんな仮想技術の一つが、IT資産をブロックごとに区切って使うコンテナ化です。そんなコンテナ運営や管理に欠かせないソフトが、多くの企業でも導入されているkubernetesです。

kubernetesの特徴は、誰でもソースの閲覧や改変ができるオープンソースソフトウェアとして公開されていることです。元々優れたソフトとして知られているkubernetesですが、OSS関係のコミュニティでは多くのエンジニアが今も情報交換を繰り返しており、現在進行形で進化を続けています。そのため、仮想化にコンテナを導入したいのであれば、kubernetesの活用を考えておくと良いでしょう。

そんなkubernetesのメリットは、手軽にシステム構築ができることです。ただ、システム構築に慣れていない人の場合、操作性などに対し不安を感じる人もいるでしょう。そんな場合は、デモという形で操作性などの確認をするところから始めておくことがおすすめです。

kubernetesを導入するならまずは実際に操作してみよう

複数のアプリやコンテンツを自動で管理してくれる、高い機能を持つOSSがkubernetesです。kubernetesを活用すれば担当者が少ない職場環境であったとしても効率的にアプリ開発や運営が行えることでしょう。しかし、業務効率化など目に見えてメリットの大きいkubernetesですが、新規導入の際や初心者の方には、操作方法が難しく分かりづらいというデメリットもあります。kubernetesは、オープンソースソフトウェアの一つであり、ソースコードが公開されていますからどのような方も気軽に導入しやすいというメリットや魅力はありますが、そのことと実際に持っている機能を十分に活用できるかどうかということは別問題です。kubernetesのメリットに注目はしているけれど、使いこなせるか不安があるという方は多いのではないでしょうか。そのような場合は、OSSを開発している会社にデモの操作やセミナーの受講を依頼してみてはいかがでしょうか。kubernetes以外にもさまざまなOSSを開発している会社は数多くのデモを、導入を検討されている企業などに提供しています。それだけでなく初心者の方のために操作方法などをレクチャーしてくれる講座なども開いていますので、ぜひ活用してください。

kubernetesはデモを使って操作性の確認を

企業のシステム構築などでも活用されているソフトの一つが、コンテナの運用と管理を行うkubernetesです。仮想技術のスタンダードとなってきているコンテナ化を行うことを検討しているのであれば、kubernetesの導入を検討しておくと良いでしょう。無償でダウンロードできるだけでなく、改変などもできるオープンソースソフトウェアとして公開されていることでも知られるkubernetesですが、上手く使いこなせるか不安を感じる人もいるでしょう。そんな場合は、いきなり導入するのではなく、まずOSS開発の専門会社の活用を考えておくことがおすすめです。

OSS開発の専門会社を利用すれば、デモという形でkubernetesの操作方法を確認することができます。ただデモに触れることができるだけでなく、操作方法に関して分からないことがあればすぐに質問をすることができるため、操作性などに関する不安を感じることなくkubernetesを導入することができるようになるでしょう。kubernetesは、システム構築の現場で欠かせない存在になっていく可能性が高いソフトです。それだけに、操作方法などを学んだ状態での導入を検討しておいて損がありません。

【デージーネット】と協力しkubernetesを学びながら開発を進めることができます。初心者にもわかりやすく説明してくれますので、無理なく導入から開発までスムーズに進行できるでしょう。

パソコンを使う

kubernetesやOSSを利用する際に注意するべきこと

開発現場でも導入が進むOSS(オープンソースソフトウェア)にはたくさんのメリットがあります。OSSの活用により長年抱えていた課題の解消に成功した現場がある一方でトラブルになったケースも見られます…

News